最近更新したページ

  2017/05/28 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧(大幅更新)
  2017/04/20 日本の古代豪族の一覧
  2017/04/09 世界の石油王の一覧
  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



火傷(やけど・ヤケド)・熱傷の種類一覧


 
 

火傷(やけど・ヤケド)・熱傷の種類一覧の概要

ヤケド・熱傷とは熱や化学薬品などで皮膚に損傷が生じる状態を指します。

ヤケド・熱傷の対処方法には水で冷やす、化学薬品のヤケドでは薬品を洗い落とす、等があり状況に応じて消毒などを行う必要があります。
 
 
 
 
 
 
 
火傷(やけど・ヤケド)・熱傷の種類一覧
名称 説明
温熱熱傷
火傷(やけど)
火、炎、火炎、火焔、熱湯、蒸気、輻射熱などの熱により皮膚や粘膜などが損傷した状態をさします。
45度以上の温度で人間の皮膚は温熱熱傷になります。
通常、火傷(やけど)と行った場合には温熱熱傷を指します。
化学熱傷
(化学損傷)
酸やアルカリなどの化学薬品や化学物質により皮膚や粘膜などが損傷した状態をさします。
症状としては、皮膚が赤くなる、腫れる、水ぶくれが出来る、皮膚が壊死するなどがあります。 薬品によっては数時間にわたって皮膚の内部が損傷して行く場合もあります。
化学熱傷が起こった場合にはその薬品を吸い込むなどで、呼吸器官や、目の粘膜などにも影響が出る場合があるので注意が必要です。
電撃傷 感電、落雷等の電流により皮膚や粘膜などが損傷した状態をさします。
体内に電流が流れる際に体との間に発生する電気抵抗時の熱の影響で皮膚などの組織が破壊されます。
表面よりも体内部分の損傷が酷い場合もあるため、検査時等は注意が必要です。
放射線熱傷 放射線により皮膚や粘膜や細胞などが損傷した状態をさします。
放射線熱傷は温熱熱傷などとは違い、放射線によりDNAへの障害や破損が起こり、影響が大きい場合には皮膚や組織が再生されないという特徴もあります。
低温熱傷
低温火傷
温熱熱傷の種類の一つで、低温の物に長時間接触していることで起こる熱傷です。 主に湯たんぽ、カイロ、ホットカーペットなどで起こることが多くなっています。
低温熱傷は熱との接触時間が長い為、皮膚の深層部分を損傷しやすいため、重症になることが多いです。
気道熱傷
(気道損傷)
火災などで高温の空気や煙等、有毒の化学物質を含んだ気体を吸い込んだ際に、気道や気管や肺を損傷した状態をさします。
気道熱傷になった場合、熱により気道や気管に浮腫が発生し、呼吸困難になる場合もあるため注意が必要です。 気道熱傷となるような状態で、発声や呼吸音がおかしい場合は気道熱傷になっている可能性が非常に高いです。
熱傷深度による分類
I度 皮膚の表皮、角質層までが損傷した火傷の状態です。
火傷となった部分の皮膚が赤くなってヒリヒリする程度の症状です。 通常は数日で治り、火傷の跡も残りません。
浅達性II度 皮膚の表皮、有棘層、基底層までが損傷した火傷の状態です。
火傷となった部分に腫れや、水ぶくれが出来、強い痛みを伴うことがあります。 通常は1~2週間で治り、大概は火傷の跡も残りません。
深達性II度 皮膚の真皮、乳頭層、乳頭下層までが損傷した火傷の状態です。
火傷となった部分に腫れや、水ぶくれが出来、強い痛みを伴うことがあります。 また逆に痛みなどの感じ方が鈍くなる場合もあります。
治るのに2週間以上かかり、火傷の跡が残ることがあります。
III度 皮膚の真皮全層、皮下組織までが損傷した火傷の状態です。
皮膚の壊死や乾燥が起こり、熱源の影響により皮膚が炭化することもあります。 神経も損傷しているため、痛みを感じることはありません。
治るのに1ヶ月以上かかる場合もあり、火傷の後はほとんど残ります。
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 化学・自然・技術 >>火傷(やけど・ヤケド)・熱傷の種類一覧