最近更新したページ

  2017/09/06 日本と世界の鉄道王の一覧
  2017/08/23 バンド・ミュージシャン・アーティスト主催の音楽フェスの一覧
  2017/08/03 花火大会の爆発や火災事故の一覧
  2017/07/04 飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人の一覧
  2017/05/28 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧(大幅更新)
  2017/04/20 日本の古代豪族の一覧
  2017/04/09 世界の石油王の一覧
  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



癌(ガン)の原因の種類一覧


 
 

癌(ガン)の原因の種類一覧の概要

癌とは悪性腫瘍、悪性新生物とも呼ばれており、遺伝子の変異によって自立的に制御されていない増殖を行う細胞または細胞の集まりで、 周りの組織を浸潤したり他の組織に転移し、治療を行わない場合死に至ります。

癌の発生原因には化学物質、放射能、ウイルス、食品、生活習慣、遺伝的なものなど様々有り、 正常な細胞を癌細胞へと変化させる性質を持つ物質を「発がん性物質」と言います。

世界保健機関(WHO)の下部組織である国際がん研究機関 (IARC) では、人に対して発がん性のある物からおそらく発がん性の無いものまで、 5つのグループで純物質、混合物、生活環境の発癌性リスクを公表しています。

関連ページ:癌(がん・ガン)・悪性腫瘍・悪性新生物の種類一覧
 
 
 
 
 
 
 
癌(ガン)の原因の種類一覧
名称 説明
タバコ(煙草)の喫煙 タバコの喫煙は癌の大きな原因の一つとなっており、日本では癌による男性死亡者の40%、女性では5%が タバコの喫煙によるものとされています。

タバコの煙にはニトロソ化合物、アセトアルデヒドなど約60種類の発がん性物質が含まれており、 口腔・咽頭がん、肺がん、喉頭がん、食道がん、胃がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、膵がん、 卵巣がん、骨髄性白血病など数多くの癌の原因になると発表されています。
受動喫煙 受動喫煙煙草の副流煙を吸い込むことで発生する喫煙で、本人が煙草を吸わなくても周りの人物が煙草を吸っている場合などに発生します。

受動喫煙も上記煙草の喫煙と同様に癌の発生原因の一つとなっています。
飲酒 飲酒によるアルコール摂取は癌の発生の原因になると言われており、 WHO(世界保健機関)では飲酒が、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌、肝臓癌、大腸癌、乳癌の原因になると 注意喚起を行っています。

なおアルコール自体や、アルコールが体内で代謝されて発生するアセトアルデヒドが発がん性物質であり、 喫煙者がアルコールを摂取すると発癌リスクが高くなるとされています。
肥満(過体重) 慢性的な肥満であると将来的に癌が発生するリスクが高くなるという研究結果が報告されており、 適正的な体系はBMIが21から23が理想であると世界がん研究基金から発表されています。

特に男性は太っている場合の癌発生率が22%上がることが「国立がん研究センターがん予防・検診研究センター」により報告されています。(BMIが23.0から24.9の人の癌発生率を1とした場合に BMIが30.0から39.9の人の癌発生率)

肥満が原因で発生する癌には結腸がん、すい臓がん、閉経後の乳がん、子宮体がん(子宮内膜がん)、腎臓がん などが上げられています。
痩せ 慢性的な痩せ型体系であると将来的に癌が発生するリスクが高くなるという研究結果が報告されており、 適正的な体系はBMIが21から23が理想であると世界がん研究基金から発表されています。

特に男性は痩せている場合の癌発生率が29%上がることが「国立がん研究センターがん予防・検診研究センター」により報告されています。(BMIが23.0から24.9の人の癌発生率を1とした場合に BMIが14.0から18.9の人の癌発生率)
野菜や果物の摂取不足 野菜や果実を摂取すると食道がん、胃がん、大腸がんなどの発生リスクが下がるとされています。

この理由には各種ビタミン、葉酸、カロテンなどの成分が、各種発がん性物質の効果を下げたり、 体内で発生した活性酸素を分解するなどの働きによるものと考えられています。

なお、野菜や果実を大量に摂取したから癌が発生したり治るわけではないため、 常日頃から適量の野菜や果実を食べることが癌への予防となります。
食塩 食塩を多量に摂取すると胃がんの原因となり、一日の摂取量は6g以下が好ましいとされています。

食塩や塩分は多量に摂取をすると胃を保護している粘膜を壊し、胃酸による胃への炎症や、 ヘリコバクター・ピロリ菌の感染による胃がんのリスクを高めると考えられており、 塩分や塩蔵食品を多く摂取している地域には胃がんが多く発生していることも報告されています。
焦げた食品 肉や魚の焦げた部分には動物性タンパク質に含まれるアミノ酸が熱により変化したヘテロサイクリックアミン(HCA)という発がん性物質が含まれ、 ヘテロサイクリックアミンは胃がん、大腸がん、膵がん、乳がんなどの原因となります。

しかし、通常の食事で発生する程度の焦げを食べても癌に成るほどの効果は無いようですが、 胃や食道が慢性的に荒れている場合などは、こげた食品の発がん性物質の効果も高まるので注意が必要です。

なお、海外ではレアあるいはミディアムレアのステーキを食べている人よりも、ウェルダンのステーキを食べている人の方が 癌の発生率が3倍近いとの研究報告も有るようです。
動物性脂肪分 上記「焦げた食品」と同様に動物性脂肪分に含まれるアミノ酸が熱により変化したヘテロサイクリックアミン(HCA)という発がん性物質により 胃がん、大腸がん、膵がん、乳がんなどが発生するリスクが高まります。

また、コレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素により酸化されて発生する「過酸化脂質」は、 発がん性物質の一つでも有ります。
貯蔵肉 ハム、サラミ、ベーコン、ソーセージなどの貯蔵肉には、調理時に発生したヘテロサイクリックアミン、 ニトロソ化合物、燻製時の煙に含まれる多環芳香族炭化水素などの発がん性物質を含んでおり、 癌発生の原因ともなります。
熱い飲食物 熱い飲食物を多量に摂取したりすると、熱による刺激により食道粘膜が炎症を起こし、 それが慢性的になると食道がんを引き起こす原因となります。

熱いお茶を飲む習慣が有る地域では食道がんの発生率が高く、国際がん研究機関 (IARC) では 「熱いマテ茶 (Hot mate)」「茶 (Tea)」を発がん性リスク一覧に登録しています。
辛味や刺激のある飲食物 上記「熱い飲食物」のように辛味や刺激のある飲食物を多量に摂取したりすると、刺激により食道粘膜が炎症を起こし、 それが慢性的になると食道がんを引き起こす原因となります。





ストレス ストレスにより発生した胃潰瘍からの癌や、自律神経の不調、ホルモンの働き、体内の免疫効果の不調などにより 様々な癌が発生するリスクが高まります。
運動不足 運動不足は肥満に繋がるだけでなく、代謝の減少、免疫機能の減少などの効果があり、癌発生のリスクが高まります。

また、運動をしないと腸内に送り込まれた食品の滞在時間が長くなることから、大腸がんや結腸がんの発生原因ともなります。
アフラトキシン アフラトキシンとは発がん性物質のカビ毒の一種で、アスペルギルス属菌やケトミウム属菌のカビにより生産され、肝細胞癌の発生原因となっています。

日本では食品衛生法により混入量を0.01ppm以下と規制しています。

なお、食品ではピーナツや豆類にアフラトキシンを生成するカビが発生することが多く、 賞味期限が切れた豆類は食べない事ががんのリスクを減らすことになります。
ウイルスや細菌の感染によるもの 癌の原因にはウイルスや細菌の感染によるものがあり、主なウイルスや細菌には以下があります。
  • EBウイルス
    EBウイルスは、バーキットリンパ腫の原因の一つとなっています。
  • B型肝炎ウイルス
    B型肝炎ウイルスは肝細胞癌の原因の一つとなっています。
  • C型肝炎ウイルス
    C型肝炎ウイルスは肝細胞癌の原因の一つとなっています。
  • ヒトパピローマウイルス16型
    ヒトパピローマウイルス16型は子宮頸癌の原因の一つとなっています。
  • ヒトパピローマウイルス18型
    ヒトパピローマウイルス18型は子宮頸癌の原因の一つとなっています。
  • ヒトTリンパ好性ウイルス1型
    ヒトTリンパ好性ウイルス1型は成人T細胞白血病の原因の一つとなっています。
  • ヒトパピローマウイルス31型
  • ヒトパピローマウイルス33型
  • カポシ肉腫関連ヘルペスウイルス(ヒトヘルペスウイルス8)
    カポシ肉腫関連ヘルペスウイルスはカポジ肉腫の原因の一つとなっています。
遺伝的原因 殆どの癌は遺伝的原因は有りませんが、いくつかの癌の原因には遺伝によるものもあります。

主な遺伝的原因の癌候群には以下があります。
  • がん抑制遺伝子のBRCA1、BRCA2の変異による乳がんや、卵巣がん。
  • 遺伝子MEN types 1, 2a, 2bによる、多発性内分泌腺腫。
  • p53遺伝子の変異により、骨肉腫、乳がん、軟組織肉腫、脳腫瘍などを引き起こすLi-Fraumeni症候群。
  • Turcot症候群
  • APC遺伝子の変異による、家族性大腸腺腫症 。
  • hMLH1, hMSH2, hMSH6などの修復遺伝子の変異による、遺伝性非ポリポーシス大腸癌。
  • Rb遺伝子の変異による、網膜芽細胞腫。
  • VHL遺伝子の変異により、網膜の血管芽腫、腎臓の明細胞癌などが発生するフォン・ヒッペル・リンドウ病。
日光(紫外線) 日光に慢性的に長時間当たったりすると紫外線により皮膚のDNAが破壊され、皮膚がんになる可能性が高まります。

関連ページ:紫外線の種類一覧
放射線 放射線に被曝することで癌や白血病が発生する場合があり、このことを「放射線誘発ガン」と呼んでいます。

広島や長崎の原爆被爆地やチェルノブイリ原子力発電所の事故後は周辺住民に甲状腺がんが多発し、 甲状腺がんが放射性ヨウ素により引き起こされることもあります。

また、医療行為で行われるレントゲン撮影やCTスキャンによる被爆(医療被爆)でも、癌や白血病を 引き起こすことがあります。

関連ページ:放射線の種類一覧
医療行為 ホルモン剤、経口避妊薬、免疫抑制剤など一部の医薬品を使用した医療行為を行った後にガンが発生する場合があります。

また、抗がん剤を使用した後に白血病になるなど第二次癌の発症も報告されています。
職業性癌 一定の職業に従事していることで癌の発症リスクが高まることがあり、日本でも泉南市と阪南市のアスベスト工場の従業員や、 その周囲の住民に中皮腫などの症状が発生しました。

なお、国際がん研究機関 (IARC) で公表されている癌が発生しやすい職業には以下のものが有ります。
  • 靴製造あるいは修理に従事
  • 石炭ガス製造に従事
  • コークス製造に従事
  • 木工家具製造環境
  • 赤鉄鉱地下採掘でのラドン被曝環境
  • 鉄の鋳造環境
  • 強酸プロセスによるプロパノール製造に従事
  • マゼンタ染料製造に従事
  • 塗装専従環境
  • ゴム産業に従事
  • 工芸ガラス製造に従事
  • 金属コバルト調製に従事
  • 美容・理容に従事
  • 石油精製に従事
  • シフト勤務
  • 大工・建具作業に従事
  • ドライクリーニングに従事
  • 印刷作業に従事
  • 服飾製造業に従事
  • 板ガラス及び特殊ガラス製造に従事
  • 皮革製品製造に従事
  • 皮革なめし処理に従事
  • 製材業に従事
  • ペンキ製造業に従事
  • 製紙業に従事
寄生虫によるもの 癌の原因には寄生虫によるものがあり、国際がん研究機関 (IARC) では以下の寄生虫が癌の発生の 原因になりうるとして公表しています。
  • タイ肝吸虫の慢性感染
  • ビルハルツ住血吸虫への感染
  • 肝吸虫への感染
  • 日本住血吸虫への感染
  • マンソン住血吸虫への感染
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 化学・自然・技術 >>癌(ガン)の原因の種類一覧