最近更新したページ

  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧
  2013/11/04 原人・原始人・猿人の種類一覧
  2013/11/04 天然ガスの種類一覧
  2013/11/04 アミノ酸の種類一覧
  2013/11/04 エナジードリンク(Energy Drink)の種類一覧
  2013/10/27 膀胱の病気・膀胱の疾患の種類一覧
  2013/10/27 腎臓の病気・腎臓の疾患の種類一覧
  2013/10/05 日本の法律の種類一覧
  2013/09/23 腸の病気・腸の疾患の種類一覧
  2013/09/23 胃の病気・胃の疾患の種類一覧
  2013/09/21 肝臓病・肝臓の病気の種類一覧
  2013/09/21 心臓病・心臓の病気の種類一覧
  2013/09/16 独裁国家の一覧
  2013/09/16 秘密結社の一覧
  2013/09/08 合金の種類一覧
  2013/09/08 人体実験・生体実験の種類一覧
  2013/09/01 生物兵器の種類一覧
  2013/09/01 性病・性感染症・性行為感染症の種類一覧
  2013/08/18 化学兵器の種類の一覧
  2013/08/18 バンド・ミュージシャン・アイドルのファンの呼び名・呼び方・名称の一覧
  2013/07/06 食用菊の品種と種類の一覧
  2013/07/06 ゴボウ(ごぼう・牛蒡・牛旁・悪実)の品種と種類の一覧
  2013/07/06 ショウガ(しょうが・生姜・生薑・薑)の品種と種類の一覧
  2013/07/06 ラッキョウ(らっきょう・辣韮・薤・辣韭)の品種と種類の一覧
  2013/07/06 シュンギク(しゅんぎく・春菊)の品種と種類の一覧
  2013/06/30 ニラ(にら・韮・韭)の品種と種類の一覧
  2013/06/30 パセリの品種と種類の一覧
  2013/06/30 ナス(なす・茄子)の品種と種類の一覧
  2013/06/23 社会主義の種類一覧
  2013/06/23 資本主義の種類一覧
  2013/06/23 民主主義の種類一覧
  2013/06/23 水銀の種類の一覧
  2013/06/23 再生繊維の種類の一覧
  2013/06/23 食物繊維の種類の一覧
  2013/06/23 繊維の種類の一覧
  2013/06/09 砂丘と砂丘の種類の一覧
  2013/05/19 動物の社員が所属している企業と会社の一覧
  2013/05/11 ギターのニックネーム・愛称・あだ名の一覧 【更新】
  2013/04/21 アルコールの種類と分類の一覧



公害病の種類の一覧


  
 
 
 


公害病の種類の一覧の概要

公害病とは重化学産業などの発展により、大気や河川や地中に排出された有害物質により引き起こされる病気です。

「水俣病」「第二水俣病」「四日市ぜんそく」「イタイイタイ病」が4台公害病と呼ばれ、それ以外にも数多くの公害病が発生しました。

公害病の原因には、有機水銀、カドミウム、ヒ素、硫黄酸化物などがあります。
 
公害病の種類の一覧
名称 概要
日本の公害病
水俣病 熊本水俣病とも呼ばれる公害病で、四大公害病にも数えられ、1956年に熊本県水俣市で発生が確認されました。

水俣病は、チッソ(チッソ株式会社)の水俣工場が廃棄していた有機水銀が原因で、 食物連鎖の中で有機水銀が蓄積され、その魚介類を食べた人やその子供が先天性の症状を発生させました。

症状には手足のしびれ、感覚障害、言語障害、聴力障害、歩行障害、などがあり死亡する場合もあり、 水俣病に認定された患者の数は2200人以上、国や企業から一時金が支払われた人の数は11000人以上となっています。

現在の水俣湾の魚介類は国の基準以下となりましたが、たの海に比べ水銀の値は今だ高めとなっているようです。
第二水俣病 新潟水俣病や阿賀野川有機水銀中毒とも呼ばれる公害病で、四大公害病の一つにも数えられています。

第二水俣病は新潟県阿賀野川下流域で昭和40年に発生し、熊本の水俣病と同様の症状で有ったためこの名が付けられました。

第二水俣病の原因は、昭和電工の鹿瀬工場がアセトアルデヒドの製造中に廃棄した有機水銀化合物による有機水銀中毒で、 患者の数は700人近くとなっています。
四日市ぜんそく 四日市ぜんそくは三重県四日市市と三重県三重郡楠町で、1960年から1972年にかけて発生した大気汚染による喘息障害です。
四日市公害や塩浜ぜんそくとも呼ばれ、四大公害病の一つにも数えられています。

四日市市の四日市コンビナートにはには石原産業、中部電力、昭和四日市石油、三菱油化、三菱化成工業、三菱モンサント化成など 多くの化学製品工場があり、それらの工場から排出された亜硫酸ガス(一酸化硫黄 、二酸化硫黄、三酸化硫黄などの硫黄酸化物)が 原因となり発生した大気汚染により集団喘息が発生しました。

四日市ぜんそくの症状には、呼吸器疾患、慢性閉塞性肺疾患、喉の痛み、喘息の発作、呼吸困難、 心臓発作、肺気腫(肺がん)を発生され場合によっては死亡することもありました。
イタイイタイ病 富山県の神通川下流域で1910年代から1970年代にかけて発生した鉱山の精錬の廃液に伴う鉱害で、四大公害病の一つにも数えられています。

イタイイタイ病は岐阜県の神岡鉱山(三井金属鉱業神岡事業所)の廃液に含まれたカドミウムが原因の鉱害で、 患者が「痛い、痛い」と痛みを訴えたことからその病名が付きました。

イタイイタイ病の症状には発性近位尿細管機能異常症、骨軟化症による筋力低下や骨折、体の痛み、肝不全、貧血などがありました。
小中野ぜんそく 青森県八戸市で1965年前後に発生した集団喘息で、原因は八戸市の工業化にともなる大気汚染によるものでした。

症状には気管支ぜんそく、慢性気管支炎、ぜんそく性気管支炎、肺気腫などがありました。
杉並病 東京都杉並区に有った不燃ごみ中継施設「杉並中継所」周辺で発生していた健康被害で、 咳、喉や目の痛み、呼吸困難など化学物質過敏症によるものと思われる症状が発生しました。

杉並中継所は1996年に運転が開始されその直後から様々な症状を訴える人が出ており、2009年3月31日に杉並中継所は運転を停止しました。
川崎公害 神奈川県川崎市で発生した大気汚染による公害問題で、 1994年までに公害病認定者は5900人以上、死者は1500名以上となりました。

川崎市は1950年代から工業発展に伴い大気が汚染され、 気管支炎や喘息などの症状を訴える住民が多く発生しました。
これにより1969年には大師・田島地区が公害病救済特別措置法の指定地域となり、 1971年には川崎区全域と幸区のほぼ全域が大気汚染地域に指定されました。

現在多くの工場は移転などにより無くなり、公害問題もほぼ無くなりました。
土呂久砒素公害 宮崎県西臼杵郡高千穂町の旧土呂久鉱山で1920年から1941年と、1955年から1962年に発生した砒素(ヒ素)中毒による公害です。

土呂久砒素公害は土呂久鉱山行われていた亜砒酸(亜ヒ酸)の製造の際に発生した、亜硫酸ガス・重金属の粉塵・鉱山からの汚染された排水が原因で、 住民に、肺がん、皮膚がん、ボーエン病、皮膚の色素異常や角化、鼻中隔穿孔症などの症状が発生しました。

1975年12月には被害者5人と遺族が、当時の鉱業権を持っていた住友金属鉱山株式会社を訴え、1990年に和解が成立し見舞金が支払われました。
松尾鉱山ヒ素公害 宮崎県木城町の旧松尾鉱山で1934年から1958年かけて亜砒酸(亜ヒ酸)の製造の際に発生した砒素(ヒ素)中毒による公害です。
関川水俣病 新潟県上越地方を流れる関川流域で、1973年に水俣病に良く似た症状の患者が10名発生しました。

関川水系にはダイセルや日曹の工場がありそれらの排水から微量の水銀が検出されましたが因果関係は分からず、 関川上流に位置する黒姫山、妙高山、新潟焼山などからの鉱物によるものが原因との説も出ています。
倉敷公害病 岡山県倉敷市の水島コンビナート周辺で発生した大気汚染による公害で、 肺気腫、気管支ぜんそく、慢性気管支炎、ぜんそく性気管支炎の患者が4000人近く発生しました。

これにより公害患者らは1983年に川崎製鉄、中国電力、三菱化成、岡山化成、水島共同火力、旭化成、三菱石油、日本鉱業の8社を相手取り 提訴を行い、1996年に企業が解決金13億9千2百万円の支払いと、公害防止に協力することで和解が成立しました。
世界の公害病
温山病 韓国の蔚山広域市蔚州郡温山邑で発生した公害病で、1980年代に住民に神経痛や全身麻痺などの症状が現れました。

現在も温山病の原因は不明ですが、当時周辺に非鉄金属を精錬する工場が集中していた温山工業団地や、 石油化学工場が集中していた蔚山石油化学団地が位置していたことから、これらの工業地帯からの有毒物による公害病と考えられています。
ロンドンスモッグ イギリスのロンドンで1952年に発生した大気汚染による公害で、 暖房や火力発電所による大量の石炭の使用と、ディーゼル車からの排気ガスにより発生しました。

このスモッグでは気管支炎や肺炎、心臓病などで合計1万2千人以上がなくなったとされています。
中国の公害病
  • 中国山東省荷澤市東明県の住民の多くが、化学工場からの排水による汚染のため、甲状腺腫瘍を発症しています。
  • 新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)で中国が行っていた核実験の影響で、放射能による影響で19万人近くが死亡し、 129万人近くに健康被害が発生しているとされています。
  • 中国の北京市で、2013年1月10日ごろから、暖房により石炭の使用や車の排気ガスから大気汚染が発生し、 喘息などにより数千人の被害者が出ているとされています。
公害病の種類
鉛中毒 鉛に汚染された食品や水などを大量に摂取した場合に、鉛が体内に蓄積され酸素の働きを阻害するために発生する中毒です。

鉛中毒には、嘔吐、腹痛、消化器官の症状、神経の症状、脳水腫などが発生します。

なお、肉や野菜などにも微量の鉛が含まれて居ますが、それにより鉛中毒になることはありません。
水銀中毒 水銀に汚染された食品や水の摂取、水銀に直接接触する事での皮膚からの吸収、気化した水銀を多量に吸い込むことにより発生する中毒です。

水銀中毒の症状には生殖機能の阻害、胃や肝臓などの臓器の障害、神経や脳への障害などがあり、妊娠している女性が水銀中毒になった場合、 様々な障害を持った子供が生まれることもあります。

「水俣病」や「第二水俣病」では多くの水銀中毒患者が発生しました。
カドミウム中毒 カドミウムの煤煙を吸い込んだり、カドミウムに汚染された魚などの食品の摂取や、 汚染された水またはその水により作られた農作物を摂取することにより発生する中毒です。

カドミウム中毒の症状には、煤煙による気管支炎や肺炎や肺水腫、筋肉の痛み、発熱、めまい、頭痛、悪寒、腎不全、 骨粗しょう症、骨軟化症などがあり、重度のカドミウム中毒であると咳や自分の体重で骨折することもあります。

「イタイイタイ病」では多くのカドミウム中毒患者が発生しました。
ヒ素中毒 ヒ素(砒素)に汚染された食品や水の摂取により、体内にヒ素が蓄積されることで発生する中毒です。

ヒ素中毒の症状には、腹痛、嘔吐、発熱、下地、痙攣、紫斑、臓器不全、意識混濁など様々に渡ります。

「土呂久砒素公害」、「松尾鉱山ヒ素公害」ではヒ素中毒の患者が発生し、 公害以外にも「森永ヒ素ミルク中毒事件」や「和歌山毒物カレー事件」でヒ素中毒者が発生しました。
慢性ヒ素中毒症 濃度の高いヒ素が含まれた水を長期間にわたって飲むこと等で、体内にヒ素が蓄積されることによるヒ素中毒で、 主な原因にはヒ素に汚染された地下水などがあります。

主な慢性ヒ素中毒症の症状には、皮膚への色素沈着や斑点の発生、皮膚の硬化や角化、皮膚癌、肺癌、肝臓癌、体の組織の壊死などがあります。
ぜんそく 気管支喘息

有害な排気ガスや、ウイルス、細菌、アレルギーなどが原因で発生する呼吸器疾患です。

ぜんそくの症状には、気道の狭窄や閉塞による、喘鳴、咳、息切れ、呼吸困難、喘息発作などがあります。
気管支炎 有害な排気ガス、大気汚染、ウイルス、細菌、アレルギーなどが原因で発生する気管支の炎症による呼吸器疾患です。
気管支炎の症状には、風邪症状、咳、痰、発熱などがあります。
慢性気管支炎 有害な排気ガス、大気汚染、ウイルス、細菌、アレルギーなどが原因で発生する気管支の炎症による呼吸器疾患で、 気管支炎の中でも「痰・咳が2年以上連続し、毎年3ヶ月以上継続するもの」を慢性気管支炎と呼びます。

慢性気管支炎の症状には、呼吸困難、痰、チアノーゼ症状、ばち指等があります。

また、慢性気管支炎は冬場に増加し、男性に多い特徴があります。
 








ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 社会・文化 >> 公害病の種類の一覧