最近更新したページ

  2017/07/04 飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人の一覧
  2017/05/28 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧(大幅更新)
  2017/04/20 日本の古代豪族の一覧
  2017/04/09 世界の石油王の一覧
  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人の一覧


 

飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人の一覧の概要

飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人をしらべて一覧にまとめてみました。

飛行機を操縦できる有名人には世界各国を回るスポーツ選手が実用として取得をしたり、音楽やビジネスで成功した人物などが趣味としてライセンスを取得しているケースが見られ、中にはプライベートジェット機を所有している有名人もいます。

また、イギリスやアラブの王族は歴史的に男子が軍務に付く事も多く、その際に空軍などので取得している場合や、世界大戦中に軍隊に所属していた際に戦闘機などを操縦していた場合もあります。

飛行機パイロットの資格は日本において「自家用操縦士」「事業用操縦士」「定期運送用操縦士」の3つと、副操縦士用の「准定期運送用操縦士」の資格があり、各資格の中でも機体の種類等でさらに分類があります。
 
 

飛行機の操縦免許を持つスポーツ選手

アーノルド・パーマー

アーノルド・ダニエル・パーマー(Arnold Daniel Palmer)はアメリカ合衆国のプロゴルファーで、マスターズ4回、全米オープン1回、全英オープン2回の優勝経験の有る選手です。

アーノルドパーマーは飛行機のパイロットでも知られ、セスナ社のビジネスジェットなどを所持しており、約50年の飛行年数の中で飛行時間は約2万時間を超え、1976年には世界一周も行っています。

また、1999年の70歳の誕生日には出身地である、ペンシルバニア州にあるウェストモアランド郡空港が、彼の功績と飛行機へ縁などからアーノルドパーマー地域空港(Arnold Palmer Regional Airport)に改称されました。

グラハム・ヒル

ノーマン・グラハム・ヒル(Norman Graham Hill)はイギリスのレーシングドライバーで、1962年と1968年にはF1のチャンピオンにもなった実力者です。

グラハム・ヒルは1975年11月29日に自ら操縦する軽飛行機「PA 23-250 Turbo-Aztec」で、濃霧の中エルストゥリー飛行場に着陸を試みたものの近くのゴルフ場に墜落し、本人や搭乗していたチームのドライバー、チームマネージャー、メカニックなどが死亡しました。

なお、グラハム・ヒルは過去に航空機の免許を所持していましたが、事故当時には免許が期限切れで失効されており、搭乗していた飛行機も機体の登録が無かったとされ、さらに保険にも加入していなかったため遺族は多大な賠償金を払うことになりました。

ニキ・ラウダ

アンドレアス・ニコラウス・"ニキ"・ラウダ(Andreas Nikolaus "Niki" Lauda)はオーストラリアのF1ドライバーで、3度のF1チャンピオンに輝いたほか、F1の大事故からの生還でも知られています。

ニキ・ラウダは現役時代から「ボーイング737」の操縦資格を持っており、自らも自家用機を運転することがありました。

また、航空機への興味からラウダ航空を設立しましたが「ラウダ航空004便墜落事故」を引き起こしたため経営困難となり経営権をオーストリア航空に譲渡し、後にニキ航空を設立し再度航空事業へ参入しました。

ラウダ航空004便墜落事故の際にはボーイング社に乗り込み、自ら事故時と同じ条件での操縦を行い、逆噴射装置の動作条件の不具合である事を突き止め、ボーイング社が謝罪をしました。

ゲルハルト・ベルガー

ゲルハルト・ベルガー(Gerhard Berger)はオーストリア出身のF1ドライバーで、プライベートジェット「ボンバルディア チャレンジャー604」を所有し自らも操縦するほか、以前には自身の操縦で日本に来た事も有ります。

ティエリー・ブーツェン

ティエリー・マルク・ブーツェン(Thierry Marc Boutsen)はベルギー出身のF1ドライバーです。

飛行機の操縦免許を持っており、レーサー引退後はモナコでプライベートジェットの売買を行うBoutsen Aviation社を立ち上げ、200機以上を売り上げています。

バディ・コルト

バディ・コルト(Buddy Colt)はアメリカ合衆国のプロレスラーで、1969年に国際プロレス参戦のため来日した事もある選手です。

バディ・コルトは、自家用操縦士のライセンスを持っており、1975年2月20日に「セスナ182」を操縦中に墜落事故に遭い怪我を負いプロレスラー生命を絶たれました。

飛行機の操縦免許を持つミュージシャン

デクスター・ホーランド

デクスター・ホーランド(Dexter Holland)は、CD売り上げ4000万枚以上を誇るアメリカのパンクバンド「オフスプリング(THE OFFSPRING)」のボーカル兼ギタリストです。

デクスター・ホーランドは「アナーキー・エアライン」と呼ばれるプライベートジェットを所持して自分で操縦するほか、2004年にはそのジェット機で副操縦士と共に世界1周旅行を行い、成田空港にも立ち寄りました。

ブルース・ディッキンソン

ブルース・ディッキンソン(Bruce Dickinson)は、イギリスのへヴィメタルバンド「アイアン・メイデン(Iron Maiden)」のボーカリストで、ジャンボジェット機のパイロット免許を保有しています。

Iron Maidenがワールドツアーに出る際にはエド・フォースワンの愛称のジャンボジェットを自ら操縦し、2008年から2009年のツアーと2011年のツアーではレンタルしたボーイング757を、 2016年のツアーではボーイング747-400のパイロットを務め来日もしました。

バンドがオフの期間には民間の航空会社でパイロットとして実際に旅客機を操縦しているほか、Cardiff Aviationという航空会社を立ち上げています。

デイヴ・ロウントゥリー

デイヴ・ロウントゥリー(David Alexander De Horne Rowntree)は、ロックバンド「ブラー(Blur)」のドラマーです。

デイヴ・ロウントゥリーは1995年に飛行機のパイロットのライセンスを取得したほか、アマチュア無線などの資格を持っています。

また、ブラーのベーシストであるアレックス・ジェームスからプライベートジェットを譲り受けています。

アレックス・ジェームス

アレックス・ジェームス(Stephen Alexander James)は、ロックバンド「ブラー(Blur)」のベーシストです。

アレックス・ジェームスは同じくブラーのドラマーであるデイヴ・ロウントゥリーの影響で飛行機の操縦免許を取得し、一時はプライベートジェットを所有してツアーなどの際に自らの手で操縦をしてましたが、後にデイヴ・ロウントゥリーにジェット機を譲り渡しました。

ティム・マグロウ

ティム・マグロウ(Tim McGraw)はアメリカのカントリー歌手で、自家用操縦士免許を取得しており、軽飛行機の「シーラス SR22」を所有しています。

ジャック・ブレル

ジャック・ロマン・ジョルジュ・ブレル(Jacques Romain Georges Brel)は、ベルギー生まれのシャンソン歌手で、1976年にアメリカで自家用操縦士の免許を取得しました。

ジャック・ブレルは引退後にポリネシアに移住し、ジョージョ(Jojo)と命名した2人乗りの飛行機を購入し飛行を楽しんだり、飛行機を利用して地域の住民への輸送業などを行いました。

ヘルベルト・フォン・カラヤン

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)はオーストラリアの指揮者で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者などを務めました。

カラヤンは自家用ジェット機の「ダッソー ファルコン 10」を保有して自ら操縦していたほか、80歳となり免許の期限が切れる際にはジェット機の代替としてヘリコプターの免許を取得しました。また、車好きでもあり、多くの高級車も所持していました。

飛行機の操縦免許を持つ俳優やコメディアンや芸能人

ハリソン・フォード

ハリソン・フォード(Harrison Ford)はアメリカの俳優で、代表作にはスター・ウォーズやインディ・ジョーンズなどがあります。

ハリソン・フォードはヘリコプターと飛行機のライセンスを持っており、過去にヘリコプターで、山や森やイエローストーン国立公園などで遭難した登山家やボーイスカウトの少年を救助したことがあります。また、2回の墜落事故も経験し、1999年10月23日には自身で操縦するヘリが墜落し、2015年3月5日には自身が操縦する小型飛行機がカリフォルニア州ロサンゼルス近郊のゴルフ場に墜落し怪我を負いました。

ジョン・トラボルタ

ジョン・ジョセフ・トラボルタ(John Joseph Travolta)はアメリカの俳優で、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」などで知られています。

ジョン・トラボルタは小さい頃から飛行機が大好きで、息子の名前を「ジェット(Jett)」と名づけた他、1974年に飛行機の操縦資格を取得してからの総飛行時間は5000時間以上とされ、大型慮9活気を含めた数種類の免許を所持しています。

飛行機も自家用ジェットやボーイング707を含め数機所持しており、自宅には滑走路からの飛行機用専用路も着いており、自宅から飛行機に乗り込めるような代豪邸となっています。

ブライアン・ドンレヴィ

ブライアン・ドンレヴィ(Brian Donlevy)はアメリカ合衆国の俳優で、1930年代から1960年代のハリウッド映画の名脇役として活躍しました。

ブライアン・ドンレヴィは第一次世界大戦でアメリカ人とカナダ人からなるフランス外人部隊のラファイエット戦闘機隊などで活躍したほか、1950年1月11日には自ら操縦する飛行機がカリフォルニア州ソルヴァングの山中に墜落する事故に遭いますが自力で脱出に成功しています。

ロブ・リグル

ロブ・リグル(Rob Riggle)はアメリカの俳優およびコメディアンで、多くの映画にも出演しています。

1990年に海兵隊員となりパイロットの免許を取得したほか、俳優として活躍する傍ら米海兵隊予備部隊としてリベリア、コソボ、アルバニア、アフガニスタンに中佐として従軍もしました。

エドワード・ノートン

エドワード・ハリソン・ノートン(Edward Harrison Norton)はアメリカの俳優で、『ファイト・クラブ』や『インクレディブル・ハルク』に出演しています。

自家用操縦士免許の免許を持っており、セスナ206などの軽飛行機を所有しています。

ジェームズ・フランコ

ジェームズ・フランコ(James Franco)はアメリカの俳優で、『スパイダーマン』シリーズや『猿の惑星: 創世記』などに出演しています。

第一次世界大戦中に実在した「ラファイエット戦闘機隊」の実話を元にした映画『フライボーイズ』を撮影する際に、実際に自家用操縦士免許の免許を取得しました。

桂文珍

桂文珍は日本の落語家で、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属しているタレントでもあります。

桂文珍は子供の頃から飛行機のパイロットにあこがれており、1990年に自家用操縦士の免許を取得し、地方の公演先などに自ら飛行機を操縦して向かうことがあります。

また、小型スポーツ飛行機である「ジャイロフルーク SC 01 スピード・カナード」を日本で唯一所有しています。

千昌夫

日本の演歌歌手である千昌夫は、飛行機とヘリコプターの操縦ライセンスを所持しています。

横山やすし

日本の漫才師である横山やすしは、娘の名前の「光」にちなみ「月光号」と名づけたセスナを所持していましたが、死後に操縦免許を持っていなかったと元マネージャーの木村政雄氏のサイトに記載されています。
詳細:木村政雄の私的ヒストリー第82話

岩城晃一

俳優である岩城晃一は、飛行機操縦免許、4級小型船舶免許、大型二輪免許などの資格を持っています。飛行機ではアクロバット飛行なども趣味としています。

藤岡弘、

俳優、タレント、武道家として活躍している藤岡弘、は、自家用操縦士免許の他、小型船舶操縦士や大型特殊自動車免許など多くの資格を所有しています。

稲塚貴一

NHKのアナウンサーである稲塚貴一は、2009年に自家用操縦士の資格を取得しており、NHKのサイトで「もしアナウンサーになっていなかったら…」という質問に対して「旅客機のパイロット」と答えています。

また、アマチュア無線の趣味も有り、第一級アマチュア無線技士の資格も取得しています。

白羽大介

日本の喜劇俳優であり、吉本新喜劇の旗揚げにも参加した白羽大介は、自家用操縦士の免許を所有していました。

宮光真理子

女優およびモデルである宮光真理子は、小型セスナの免許を所有しています。

松崎しげる

歌手・俳優である松崎しげるは、航空機の免許の所持はしておりませんが、航空機の免許を必要としないウルトラライトプレーン(超軽量動力機)を趣味としています。





飛行機の操縦免許を持つ王族

ジョージ (ケント公)

ケント公爵ジョージ王子(Prince George, Duke of Kent)はイギリスの王族で、海軍や空軍に所属しており、1929年に航空機のパイロットの資格を取り飛行機などの操縦を行っていました。

空軍在籍中には航空機で大西洋を横断しカナダまで到達した始めてのイギリス王族であったほか、王立空軍の将校としても活躍しました。

1942年8月25日には自ら操縦していた飛行艇のショートサンダーランドがスコットランド北部に墜落し死亡しました。

チャールズ皇太子

ウェールズ公チャールズ(Prince Charles, The Prince of Wales)はイギリスの王族で、海軍と空軍に所属していた際にジェット機のパイロット資格とヘリコプターの資格をもっているほか、ミサイル駆逐艦やフリゲート艦を指揮する資格も所持しています。

アンドリュー王子

ヨーク公爵アンドルー王子(Prince Andrew, Duke of York)はイギリスの王族で、海軍と空軍の入隊時にヘリコプター操縦の資格を取得し、フォークランド紛争にもヘリコプターのパイロットとして参加しています。

ウイリアム王子

ケンブリッジ公ウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridge)はイギリスの王族で、陸軍と海軍に所属しヘリコプターの操縦資格を持っており「SH-3 シーキング」などを操縦しています。

また退役後には民間ヘリコプターパイロットの資格も取得し、航空救急事業「イースト・アングリアン・エア・アンビュランス」のパイロットとして勤務も行っています。

ヘンリー・オブ・ウェールズ

ヘンリー・オブ・ウェールズ王子(Prince Henry of Wales)はイギリスの王族で、ハリー王子とも呼ばれることがあります。

王立陸軍士官学校卒業後は陸軍航空隊などでヘリコプターの操縦資格を取得し、「WAH-64 アパッチ」「SA 342 ガゼル」「アグスタウェストランド リンクス」などの操縦が行え、アフガニスタンにおけるタリバーン掃討作戦にも参加し実際に戦闘も行いました。

ウィレム=アレクサンダー

ウィレム=アレクサンダー・クラウス・ヘオルフ・フェルディナント・ファン・オラニエ=ナッサウ(Willem-Alexander Claus George Ferdinand van Oranje-Nassau)はオランダの国王で、1987年に商用パイロットのライセンスを取得しています。

また、KLMオランダ航空の子会社であるKLMシティホッパーの航空路線で小型ジェット機の「フォッカー 70」のパイロットとして21年間勤務していたことを公表したほか、2017年には新たに「ボーイング737」の操縦訓練も受けています。

ラーマ10世

ラーマ10世はタイの国王で、皇太子時代のワチラロンコンと呼ばれる事もあります。

ラーマ10世はタイ王国軍や各国の軍事訓練などで飛行機とヘリコプターの操縦資格を取り、 F-5やF-16などの戦闘機やジャンボジェット機のボーイング737などを操縦することが出来ます。

ロドルフ・ド・エムリクール・ド・グリュヌ

ロドルフ・ジスラン・シャルル・ド・エムリクール・ド・グリュヌ(Rodolphe Ghislain Charles de Hemricourt de Grunne)は、ベルギーの伯爵家の貴族です。

1935年に民間のパイロット免許を取得したほか、スペイン内戦ではナショナリスト派に義勇兵として参加し「フィアット CR.32」で撃墜10機:未確認4機の戦果をあげエースパイロットとなったほか、第二次世界大戦ではベルギー軍やイギリスの英国王立空軍など活躍し、イギリス空軍では3機を撃墜しました。

ハサナル・ボルキア

ハジ・ハサナル・ボルキア・ムイザディン・ワッダラー( Haji Hassanal Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah)は、ブルネイ王国の第29代国王(スルターン)で、首相・国防相・蔵相などを兼任しています。

ハサナル・ボルキアは世界有数の資産家でギネスレコードにも世界一の富豪として紹介された人物でもあり、5000台近い高級車のコレクションや、ボーイング747やヘリコプターなども所持しています。

航空機のライセンスは1976年にロンドンで取得したとされており、外遊の際には自分でジャンボジェット機を操縦士、インドやアメリカなどを訪れた事があります。

フセイン1世

フセイン1世・ビン・タラール(Ḥusayn al-Auwal bin Ṭalāl)は、ヨルダンの元国王で訓練を受けて飛行機やヘリコプターなどの操縦が行え、これらを自ら操縦することを趣味としていました。

アブドゥッラー2世

アブドゥッラー2世・ビン・アル=フセイン(Abdullāh aṯ-Ṯānī bin al-Ḥusayn)は、ヨルダンの国王で、ヨルダン陸軍に所属していたことがあり戦闘機や攻撃ヘリコプターの「コブラ」や戦車の「チャレンジャー1」などを操縦することができます。

乗り物などは基本自分が運転することが多く、外国の要人を自らの運転で迎えに行く他、王室政府公用機のジャンボジェット機「エアバスA310」なども自ら操縦して外遊したり、イスラエルとヨルダンが平和条約を調印する際には「ロッキード L-1011 トライスター」を操縦してテルアビブへ向かった事もあります。

また、過激派組織ISIL(IS:イスラム国)によってヨルダン空軍中尉のムアズ・カサースベ中尉が殺害された際には、米ニュースサイトなどで国王自らが戦闘機を操縦しイスラム国への空爆へ参加すると報道されました。

パフラヴィー皇帝

モハンマド・レザー・パフラヴィー(Mohammad Rezā Shāh Pahlavi)は、パフラヴィー朝イランの第2代皇帝で、白色革命によりイランの近代化に勤めましたが、イラン革命により失脚しエジプトに亡命しました。

パフラヴィー皇帝はヨットや飛行機の操縦が行え、イラン空軍に戦闘機納入の際には自ら操縦桿を握りグラマンF-14戦闘機の導入を決定したほか、イラン革命で亡命の際には皇帝専用機のボーイング727を操縦してエジプトへと脱出しました。

飛行機の操縦免許を持つ政治家

ジョージ・H・W・ブッシュ

ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(George Herbert Walker Bush)はアメリカ合衆国の第41代大統領で、海軍に所属しておりアベンジャー雷撃機のパイロットとして第二次世界大戦に参戦していました。

軍を退役するまでに1228時間の飛行記録を残し5個の勲章を受章しています。また、1944年マリアナ沖海戦と1944年9月2日には小笠原諸島の父島からの砲撃をうけ撃墜されますが何れも味方に発見され救助されました。

ジョージ・W・ブッシュ

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(George Walker Bush)はアメリカ合衆国の第43代大統領で、ジョージ・H・W・ブッシュの息子でもあります。

ベトナム戦争時に州兵として招集された際に、ムーディー空軍基地で53週間の飛行訓練と、エリントン空軍基地で21周の戦闘機迎撃訓練をうけF-102戦闘機の飛行を行っています。

サンジャイ・ガーンディー

サンジャイ・ガーンディー(Sanjay Gandhi)はインドの政治家で、インド元首相のインディラ・ガンディーの息子でもあります。

サンジャイ・ガーンディーは飛行機の免許を所持しており、一時は航空機のパイロットを目指していました。

1980年6月23日にはインドのニューデリーのSafdarjung空港で、デリー・フライング・クラブの新しい飛行機を操縦していたところ墜落事故を起こし死亡しました。

飛行機の操縦免許を持つ実業家

ハワード・ヒューズ

ハワード・ロバード・ヒューズ・ジュニア(Howard Robard Hughes, Jr.)はアメリカの実業家で、大富豪でもあり「資本主義の権化」「地球上の富の半分を持つ男」とも呼ばれていました。

ハワード・ヒューズは飛行機が好きで自ら操縦して1937年にニューヨーク - ロサンゼルス間を7時間29分25秒で飛行し当時のアメリカ横断記録を樹立したほか、1938年には91時間で世界一周飛行を行い当時の最速記録となりました。

航空機製造会社のヒューズ・エアクラフト社の設立や、トランス・コンチネンタル・アンド・ウェスタン航空(後のトランス・ワールド航空)買収などの航空事業にも手を出しています。

ラリー・エリソン

ローレンス・ジョセフ・エリソン(Lawrence Joseph Ellison)は、アメリカの実業家でソフトウェア企業オラクル・コーポレーションの共同設立者で会長です。大富豪でも知られ、2014年時点で総資産は500億ドルの世界5位の大金持ちでもあります。

航空機のパイロット免許を持っており、ビジネスジェット機の「ガルフストリームIV」や、軍用機の「アエルマッキ S-211」「MiG-29」を所持しています。

ゴードン・ベスーン

ゴードン・ベスーン(Gordon M. Bethun)は、アメリカの実業家で、アロハエアグループやコンチネンタル航空の会長などを務めました。

ゴードン・ベスーンは、ボーイングの役員として働いていた際にボーイング757・767の操縦資格を取得しており、コンチネンタル航空在籍時にはボーイング767や777の受領の際に自ら操縦桿を握って飛行性能などを確認していました。

ゲイリー・キルドール

ゲイリー・アーレン・キルドール(Gary Arlen Kildall)はアメリカのコンピューター化学者で、OS開発のデジタルリサーチ社の創業者でもあります。

ゲイリー・キルドールはボンバルディア・エアロスペース社製のビジネスジェットである「リアジェット」を保有して操縦をしていたほか、スポーツカーやボートなども所持していました。

西久保愼一

西久保愼一は日本の実業家で、スカイマークエアラインズ(現スカイマーク)の代表取締役社長などを務めた人物です。

西久保愼一は2004年に固定翼航空機操縦士技能証明を取得しました。

小嶋進

小嶋進はマンションの構造計算書偽造問題で破産した株式会社ヒューザーの創業者で、2000年にアメリカで飛行機免許を取得し、その後同年6月に日本の自家用操縦士免許へと変更しました。

また、「パイパー マリブ」「Socata TBM 700」などを購入し、実際に操縦を行っていました。

相川佳之

相川佳之は日本の美容外科医で、美容外科医グループであるSBCメディカルグループの創始者です。

相川佳之は子供の頃からパイロットの夢を持ち、「JCAB自家用操縦士 陸上単発 飛行機」「FAA自家用操縦士 陸上単発 計器飛行証明」「JCAB自家用操縦士 回転翼」「陸上単発ピストン・タービン」「FAA自家用操縦士 回転翼」など多くの航空に関する資格を取得しています。またヘリコプターの操縦も趣味で行っています。

飛行機の操縦免許を持つ作家

サン・テグジュペリ

アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine Marie Jean-Baptiste Roger, comte de Saint-Exupér)は、フランス出身の作家で「星の王子さま」などでも知られています。

サン・テグジュペリは第二次世界大戦で飛行教官や偵察部隊などで活躍したほか、郵便輸送のためのパイロットとしても飛行航路の開拓に携りました。

1944年7月31日にフランス内陸部の偵察のために飛び立った後、地中海上で行方不明となりました。
1998年9月7日にトロール船によりサン・テグジュペリの遺品と見られる物品が引き上げられ、2000年5月にはその物品が本人のものと確認され、2003年から機体等が引き上げられました。

ジャスパー・フォード

ジャスパー・フォード(Jasper Fforde)は、イギリスのSF作家で、代表作には「文学刑事サーズデイ・ネクストシリーズ」があります。

ジャスパー・フォードはパイロットの免許を持っており、1937年製の「デ・ハビランド DH.82 タイガー・モス」や「Commonwealth Skyranger」を所持しています。

ルシアン・ネイハム

ルシアン・ネイハム(Lucien Nahum)はアメリカのジャーナリストおよび小説家で、代表作には「シャドー81」などがあります。

航空機のパイロットの資格を所持しており、ジャーナリストになる前にはパイロットとして働いていました。

ロアルド・ダール

ロアルド・ダール(Roald Dahl)はイギリスの小説家で、映画「チャーリーとチョコレート工場」の原作となった児童文学などで知られています。

ロアルド・ダールは第二次世界大戦でイギリス空軍の戦闘機パイロットとして5機の撃墜を記録したエースパイロットでもあります。

レスター・デント

レスター・デント(Lester Dent)はアメリカのSF作家で、「ドック・サヴェジ」シリーズなどが代表作です。

レスター・デントはパイロットやアマチュア無線の免許を所持していたほか、ボートの操縦も行い40フィートの帆船を購入しアメリカ東海岸の航海やカリブ海で宝探しなどを行っていました。

瀬名秀明

瀬名秀明はSF作家およびホラー作家で、第16代日本SF作家クラブ会長でもあります。

ある研究者から「飛行機の物語を書くなら、飛行機ぐらい操縦できるようにならないと」とアドバイスを受けたことで、アメリカのロサンゼルスのM.I.Airフライトスクールで飛行免許を取得しました。
詳細:瀬名秀明が、飛ぶ!
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 社会・文化 >>飛行機の操縦免許やパイロット資格を持っている有名人の一覧