最近更新したページ

  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



女性ホルモンの種類一覧


 
 

女性ホルモンの種類一覧の概要

女性ホルモンとは「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、一般的にはエストロゲンのことを言います。

女性ホルモンのバランスが乱れると、生理不順や生理痛、子宮からの不正出血、月経の前に頭痛や腹痛や精神面への影響などが起こる月経前症候群、 自律神経失調症、不妊、更年期障害など様々な女性の病気を引き起こす場合が有ります。

女性ホルモンのバランスを崩さない為には、常日頃から規則正しい生活を送る必要が有ります。
 
 
 
 
 
 
 
女性ホルモンの種類一覧
名称 説明
エストロゲン 女性ホルモン、卵胞ホルモンとも呼ばれています。
ステロイドの一種で、エストラジオール、エストリオール、エストロンなどもエストロゲンに含まれます。
卵巣、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞などで作られ二次性徴を促します。また、身長の伸びを止める作用も有ることが知られています。
なお、エストロゲンと似ている作用を持つ物に、大豆からとれるイソフラボンなどがあります。
エストラジオール 化学式はC18H24O2
女性ホルモンでエストロゲンの一種です。
顆粒細胞、莢膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞などで作られ、 生理活性が非常に強く、エストロンの5倍、エストリオールの10倍といわれてます。
エストリオール 化学式はC18H24O3
女性ホルモンでエストロゲンの一種です。
肝臓と胎盤、胎児の副腎などで作られます。 生理活性は弱く、エストラジオールの10分の1、エストロンの5分の1程度とされています。
エストロン 化学式はC18H22O2
女性ホルモンでエストロゲンの一種です。
アンドロステンジオンが変化することで生成され、生理活性はエストラジオールの半分、エストリオールの5倍程度とされています。
プロゲストーゲン 黄体ホルモンとも呼ばれており、黄体や胎盤などから分泌されます。
子宮内膜を着床しやすい状態にする、妊娠状態の維持、乳腺の発達、基礎体温の上昇などの作用があります。
プロゲステロン 化学式はC21H30O2。
プロゲストーゲンとほぼ同様な作用を持っているホルモンで、子宮内膜を着床しやすい状態にする、妊娠状態の維持、乳腺の発達、基礎体温の上昇などの作用があります。
プロゲステロンは卵巣の黄体や、妊娠時には胎盤から分泌されます。
プロラクチン 下垂体前葉のプロラクチン分泌細胞や、子宮、胎盤などで生成され分泌されます。
乳腺の発達、乳の分泌、妊娠の維持などの作用があります。
また、プロラクチンが必要以上に分泌されるなどの高プロラクチン血症という症状もあります。
プロゲスチン プロゲステロンと同様の作用を持つ人工的に作られた化合物です。
性腺刺激ホルモン放出ホルモン GnRH(Gonadotropin releasing hormone)
視床下部、下垂体、胎盤、性腺などで生成分泌され、 卵胞の成長、排卵、黄体を保持するなどの作用があります。
卵胞刺激ホルモン FSH(Follicle stimulating hormone)
濾胞刺激ホルモンとも呼ばれています。
性腺刺激ホルモン産生細胞で生成分泌され、卵胞の成長を促すなどの作用があります。
黄体形成ホルモン LH(Luteinizing hormone)
黄体化ホルモンとも呼ばれています。
下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞から生成分泌されます。
女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの生成分泌を促します。
オキシトシン Oxytocin、OXT、OT
化学式はC43H66N12O12S2
視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で生成分泌されます。
分娩後の子宮収縮、乳腺の発達、乳の分泌などの作用があります。
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 化学・自然・技術 >>女性ホルモンの種類一覧