最近更新したページ

  2017/04/20 日本の古代豪族の一覧
  2017/04/09 世界の石油王の一覧
  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



風邪の予防方法や予防策の種類一覧


 
 

風邪の予防方法や予防策の種類一覧の概要

風邪とは主にウイルスや細菌による呼吸器系の炎症の総称で、「感冒」「急性上気道炎」「風邪症候群」等とも呼ばれています。

風邪の症状には「咳」「喉の痛み」「鼻水」「発熱」「頭痛」「倦怠感」等があり、感染したウイルスによっては「嘔吐」や「下痢」を引き起こす場合があります。
治療法には「休息や睡眠を取る」「体を温めて発汗を促す」「解熱剤や症状を緩和させる薬を飲む」等があります。

風邪の原因のウイルスには「ライノウイルス」「アデノウイルス」「パラインフルエンザウイルス」「RSウイルス」「コロナウイルス」「エンテロウイルス」「インフルエンザウイルス」などがあり、 細菌には「マイコプラズマ」「レンサ球菌」「溶連菌」等が有ります。

感染原因には「空気感染」「飛沫感染」「接触感染」が有り、このページでは風邪に感染しにくくなる予防策をまとめています。
 
 
 
 
 
 
 
風邪の予防方法や予防策の種類一覧
名称 説明
マスクの着用 マスクを付けることで、風邪をひいた人の咳やクシャミといった飛沫感染(空気感染)を避ける効果があります。

主なマスクには、洗って何度か使用できる「織布マスク」、使い捨ての「不織布マスク」、医療用やN95規格といった「サージカルマスク」が有ります。

一般的に風邪の予防には「不織布マスク」を使用することが多く、1日で使い捨てるのが効果的とされています。

また、薬局などではマスクに吹き付ける殺菌用のスプレーなども販売されています。
手洗い ウイルスが付着した「ドアノブ」や「つり革」や「取っ手」など様々な場所を触った手で、 自分の目や鼻や口を触ることで風邪に感染することがあります。
そのため、外出から帰宅した際には手洗いを入念に行うと予防に効果的です。

手洗いは石鹸などを使い、手のひらや手の甲だけでなく、 指先や指の間などを20秒から30秒かけて洗うと効果的とされています。
手洗い後にはしっかりと水ですすぎ、清潔なタオルで綺麗にふき取る必要があります。

また、水道が無い場合には手洗い用のジェルやアルコールを使うのも有効です。
うがい うがいをすることで、喉や口や鼻などの気管支に付着したウイルスやホコリを取り除く事が出来、 うがいによる刺激で血行の促進や粘膜の分泌を促進する効果も有ります。

また、市販のうがい薬の使用や、殺菌作用のあるカテキンの含まれた緑茶でのうがいも効果があります。
鼻うがい 「鼻洗浄」とも呼ばれる方法で、市販の鼻うがい用の薬品や、0.9%程度の食塩水で鼻の中を洗う方法です。

鼻うがいには、風邪の予防以外にも「花粉症」や「アレルギー性鼻炎」等に効果があります。
休息や睡眠を取る 休息や睡眠を取ると体の疲れが取れて体力が回復する他、免疫力の回復にも繋がります。

なお、一般的に睡眠時間は6時間から8時間が理想とされています。
水分補給を行う 風邪に流行する冬場は乾燥しがちで、身体も水分不足や脱水症状に近い状態になってしまう事があります。
身体の水分が少なくなると、鼻や喉といった気管支の粘膜の活動が鈍ったり炎症を引き起こし、 ウイルスに感染しやすくなる事から定期的に水分補給を行うと風邪の予防に効果的です。
保温を行う 体温が下がってしまうと血行が悪くなったり、喉の粘膜部分にある「線毛」の動きが悪くなり、 風邪のウイルスに感染しやすくなります。

また、温度が15度以下になると主な風邪のウイルスの活動が活発化するため、 体を温めたり室内の温度を高めるのが効果的な予防法となります。
加湿を行う 空気が乾燥すると喉や鼻などの粘膜の乾燥や、炎症を起こすことがあり、ウイルスへの抵抗力が下がってしまいます。

また、空気が乾燥しているとウイルス内の水分が蒸発することで軽くなり、空気中を漂いやすくなります。

湿度40%以下になるとウイルスが空気中を漂いやすくなるため、冬場の湿度の目安は40%~60%と言われています。
保湿を行う 身体が乾燥してしまうと、喉や鼻などの粘膜の乾燥や、炎症を起こすことがあり、ウイルスへの抵抗力が下がってしまいます。
その為に保湿を行うと風邪の予防に効果があります。

保湿方法には「マスクを着用する」「加湿器を使用する」「近くに濡れたタオルを置く」などが有ります。





栄養を取る 風邪の予防には栄養の有るバランスの良い食事を取ることが必要です。
風邪の予防に効果的な栄養素には「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンB群」「タンパク質」が有ります。

ビタミンAは、鼻や喉などの粘膜を保護や再生を促す効果があり、ビタミンAを多く含む食品には「ほうれん草」「小松菜」「春菊」「ニンジン」等があります。

ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)は、 糖質をエネルギーに変える効果や、疲労の回復、代謝の活性化を促す効果があります。

ビタミンCは、血液内の白血球を刺激し活性を促す効果がある為、ビタミンCを摂取すると免疫力が高まります。 ビタミンCを多く含む食品には「ピーマン」「パセリ」「ゆず」「レモン」「アセロラ」「みかん」「キウイフルーツ」「イチゴ」等があります。

タンパク質は、体を作り基礎体力を高めるほか、アミノ酸による体力の回復、免疫細胞の形成を促す効果などがあります。 タンパク質を多く含む食品には「肉類」「魚類」「大豆」「卵」等があります。
風邪に効果的な食品を摂取する 風邪に効果的といわれている食品も多くあり、それらを摂取する事で風邪を予防することも出来ます。
主な風邪に効果的な食品には以下が有ります。

  • 「紅茶」「緑茶」:抗菌作用を持つカテキンを含んでいるため。
  • 「ネギ」:抗菌作用のあるアリシンや、血行を良くする硫酸アリルを含んでいるため。
  • 「ショウガ」:低体温の改善や殺菌作用の有るジンゲロールを含んでいるため。
  • 「ヤマイモ」「納豆」「オクラ」等:粘膜の主成分となるムチンを含んでいるため。
共用物を使わない 家族と同居している場合には家族との共用物を使わず別々に使用する事で、 家族内で風邪のウイルスの接触と感染を減らすことが出来ます。
公共物や不特定多数の人が触るものに触れない 不特定多数の人が触る「取っ手」「手すり」「ドアノブ」「つり革」「自動販売機のボタン」「蛇口」 「家具」などにはなるべく触らないようにすると、手へのウイルスの付着を抑えることが出来ます。

なお、外出時に公共物などを触ってしまった場合には手洗いを徹底すると、風邪に予防に効果があります。

なお、ウイルスに汚染された物を触ってしまうことによる感染を「接触感染」と呼びます。
人ごみを避ける 人が多い場所に行くと、風邪をひいている人への接触や、咳・くしゃみにより感染する可能性が高まります。

そのため、風邪の流行っている時期はなるべく人ごみを避け、外出時にはマスクを着用すると効果的です。
免疫力を高める 免疫力とは感染や病気などに対する防御力の事で、風邪に対する免疫力の高め方には以下の方法があります。
  • 疲れを溜めない
  • 睡眠を取る
  • 定期的に運動を行う
  • ストレスを溜めない
  • 体温を高める
  • バランスの良い食事を行う
  • 免疫力の高まる食材やサプリメントを摂取する
腸内細菌を整える 腸には免疫機能をコントロールする作用があり、腸内細菌の一つである善玉菌(身体の健康維持に効果の有る菌) を増やすと風邪の予防に効果があるとされています。

主な善玉菌には乳酸菌が有り、ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料、 ビオフェルミン等の錠剤やサプリメントの摂取が腸内の乳酸菌増加に効果的です。
ストレスを溜めない ストレスが溜まっていると、細胞や白血球の活動の低下、自律神経の不調などの影響が出てしまい、 身体の免疫力が下がってしまいます。

また、ストレスからの不眠や睡眠不足、暴飲暴食、飲酒や喫煙の増加など生活リズムの乱れも、 免疫力の低下や体力の低下を引き起こすので注意が必要です。
衣服の調整 寒さ対策として厚着をしすぎると体の体温調整の機能を低下させてしまい、 風邪のウイルスに対する抵抗力が低下してしまいます。

また、室内と室外の温度差により風邪を引きやすくなる事もあるため、 そのときの温度や状態に合わせた衣服の調整が必要となります。
運動を行う 日ごろから適度な運動を行い体力を付ける事も、風邪の予防になります。

また運動を行い血行を良くする事で、体の免疫力を高めることにも繋がります。
タバコの喫煙を行わない タバコを吸っていると喉などの気管支に炎症を起こし、風邪の原因となるウイルスへの抵抗力が弱まってしまいます。

また、血管が収縮する事で血行が悪くなり、栄養分や免疫物質が全身に行き渡りにくくなってしまいます。
お酒などのアルコールを摂取しない アルコールを摂取すると、利尿作用により水分が体外に排出されます。
そのため、身体が脱水症状や水分不足となり喉や鼻の粘膜が乾燥してしまい、ウイルスに感染しやすくなります。
部屋を清潔にする 部屋が汚いとホコリが溜り、ホコリが舞い上がった際に風邪の原因となるウイルスも舞い上がり吸い込んでしまう事が有ります。
そのため、部屋をいつも清潔にすると効果的です。
寝具を清潔にする 寝具が清潔でないと風邪の原因となるウイルスも付着したままとなります。
そのため、寝具は定期的に日光に当てて干し、殺菌を行う必要があります。
室内の換気を行う 冬場は窓やドアを締め切ったままで暖房を行うため、室内がとても乾燥してしまう他、ウイルスも室内で停滞してしまいます。
そのため、室内を締め切っている場合には数時間に一度、5分から30分程度窓を開け空気の入れ替えをすると効果的です。

換気の際には空気の入り口と出口が出来るよう、2ヶ所以上の窓を開ける必要があります。

なお、換気をする時間には部屋の広さや、風通しの良さなどで代わってきます。
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 化学・自然・技術 >>風邪の予防方法や予防策の種類一覧