最近更新したページ

  2017/05/28 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧(大幅更新)
  2017/04/20 日本の古代豪族の一覧
  2017/04/09 世界の石油王の一覧
  2017/02/20 サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧
  2017/01/23 動物園や水族館から動物が逃げ出した脱走事件の一覧
  2017/01/04 中国の大企業や有名な会社の一覧
  2016/12/12 株式市場や金融経済へのショックの一覧
  2016/11/29 フェリーからの転落事故の一覧
  2016/11/07 楽器を盗まれたり機材車の盗難被害に遭ったミュージシャンの一覧
  2016/10/31 集団登校の通学列に車が突っ込んだ交通事故の一覧
  2016/10/17 ブラックメタルバンドのメンバーが放火した教会の一覧
  2016/10/11 CIAやアメリカ軍がテロリストの拷問に使用した曲の一覧
  2016/04/10 機材車やライブツアーバスの事故に遭ったミュージシャンの一覧
  2015/11/29 癲癇発作(てんかん)の種類一覧
  2015/10/17 染色体異常の種類一覧
  2015/09/27 未解読文字の種類の一覧
  2015/09/23 警察官の拳銃・ピストル発砲事件と暴発事故の一覧
  2015/09/13 日本の堤防の決壊事故の一覧
  2015/07/20 障害と障碍者の種類一覧
  2015/07/11 発達障害の種類一覧
  2015/06/07 日本の政治家の派閥と政治グループの一覧
  2015/04/29 ウォール・オブ・デス(Wall of Death)を行うバンドと曲の一覧
  2015/04/19 神様と呼ばれる名人・達人・偉人の一覧
  2015/03/15 脳炎の種類一覧
  2015/02/22 覆面やマスクで素顔を隠したバンドやミュージシャンの種類一覧
  2015/02/11 脳と頭の病気とその症状の種類一覧
  2015/01/25 日本の公団の種類の一覧
  2014/12/21 口臭の原因と予防方法の種類の一覧
  2014/12/07 風邪の予防方法や予防策の種類一覧
  2014/11/30 早起きのコツと二度寝防止の方法の一覧
  2014/11/24 ウイルス性出血熱の種類一覧
  2014/11/15 拳銃・ピストルの種類とメーカーの一覧
  2014/10/13 噴火予知・噴火の前兆・噴火の前ぶれの種類の一覧
  2014/10/05 日本と世界の集団パニック・集団ヒステリー事件の一覧
  2014/09/28 日本の爆発事故の一覧
  2014/07/26 自動車やトラックの暴走事故の一覧
  2014/07/13 日本の通り魔事件の一覧
  2014/07/05 日本の横領事件・着服事件の一覧
  2014/06/29 ダムの底に沈んだ温泉の一覧
  2014/06/22 ステージや舞台上で死亡したミュージシャンとアーティストの一覧
  2014/06/15 ステージや舞台から落下したミュージシャンと転落事件の一覧
  2014/06/08 大麻・マリファナで逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/06/01 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧
  2014/05/17 癌(ガン)の原因の種類一覧
  2014/05/10 プロレスラーの死亡事故と試合中の大怪我などの事件の一覧
  2014/04/20 自閉症の症状と特徴・特性の種類一覧
  2014/04/13 動物兵器と軍用動物の種類一覧
  2014/04/06 民間軍事会社(PMC)の種類一覧
  2014/03/29 ロシアとソビエト連邦(旧ソ連)の領土問題と国境問題の一覧
  2014/03/16 北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
  2014/01/03 サッカーの八百長事件・八百長試合の一覧
  2013/12/23 死刑となる犯罪の一覧
  2013/12/15 実話・事実・実際の出来事もとにしたノンフィクション映画の一覧



化学兵器の種類の一覧


 
 

化学兵器の種類の一覧の概要

化学兵器とは化学物質を利用した大量破壊兵器の一つで、毒ガスなどに代表されます。
古くは紀元前431のペロポネソス戦争でスパルタ軍が亜硫酸ガスを使用したとされ、第一次世界大戦中にイギリス、フランス、ドイツなどの国が催涙ガス等を開発し実戦に投入し多くの犠牲者を出しました。
その後も第二次世界大戦や、ベトナム戦争での焼夷弾の使用、イランイラク戦争でのマスタードガスの使用などがあります。

また、日本ではオウム真理教による1994年の松本サリン事件、1995年の地下鉄サリン事件などのテロにも使用され多大な被害が発生しました。

1925年のジュネーブ条約で戦争時の化学兵器の使用が禁止され、1993年に署名された化学兵器禁止条約(化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約)により 化学兵器の生産や貯蔵も禁止されました。
なお、化学兵器禁止条約では国内の暴動やテロリストの鎮圧の為に催涙剤などの化学兵器を使用することが認められています。

関連ページ:毒ガスの種類一覧      生物兵器の種類の一覧
 
 
 
 
 
 
 
化学兵器の種類の一覧
名称 説明
致死性
血液剤 Blood Agents

血液剤とはミトコンドリアの活動を阻害し細胞内呼吸を行えなくすることで、 細胞や器官が血液内から酸素を摂取できなくなることで人や生物を死に至らしめる化学兵器です。

主な血液剤には以下があります。
  • シアン化塩素(塩化シアン)
  • シアン化水素(メタンニトリル、ホルモニトリル、ギ酸ニトリル、青酸)
  • アルシン(ヒ化水素)
  • ハロゲン化シアン
びらん剤(糜爛剤) Blister agent

びらん剤とは皮膚や呼吸器をただれさせたり、粘膜や皮膚組織を破壊する化学兵器です。
主なびらん剤には以下があります。
  • ルイサイト
  • アダムサイト
  • サルファマスタード(マスタードガス、イペリット、硫黄マスタード)
  • ナイトロジェンマスタード(窒素マスタード)
  • ホスゲンオキシム(ジクロロホルムオキシム)
  • フェニルジクロロアルシン
  • エチルジクロロアルシン
  • ジヨードホルムオキシム
  • ジブロモホルムオキシム
  • モノクロロホルムオキシム
神経剤(神経ガス) 神経剤とは有機リン酸エステルに分類される薬品で、神経伝達を阻害し筋肉の正常な動きを妨げます。
神経剤の症状には瞳孔の収縮、痙攣、尿や便の失禁、呼吸器の筋肉の麻痺による窒息などがあります。

神経ガスは大きく「G剤」と「V剤」に分類され、G剤は比較的古い時代に開発されたもので揮発性が高く、 V剤は比較的近年に開発された物で揮発性が低い特徴があります。
また、一部の殺虫剤に使用されている化学物質にも神経剤と同じ効果を持つものが存在します。

主な神経剤には以下があります。
G剤
タブン
サリン
ソマン
シクロサリン
V剤
VE
VG
VM
VX
殺虫剤
ジクロルボス
マラチオン
パラチオン
その他
ノビコック剤
カーバメート剤
窒息剤 窒息剤とは喉や気管支などの呼吸器系を損傷させ、肺水腫などを引き起こす化学兵器です。
また、皮膚や粘膜に接触すると強い刺激や損傷を引き起こすこともあります。

主な窒息剤には以下があります。
  • 塩素ガス
  • クロロピクリン
  • ホスゲン
  • ジホスゲン
非致死性
嘔吐剤(くしゃみ剤) 嘔吐剤とは気道の上部や眼を刺激し、嘔吐・吐き気・咳・くしゃみ・催涙効果などを引き起こす化学兵器で、「くしゃみ剤」とも呼ばれています。
主な嘔吐剤には以下があります。
  • アダムサイト
  • ジフェニルクロロアルシン
  • ジフェニルシアノアルシン
催涙剤 催涙剤とは眼や気管に作用し、催涙・咳・くしゃみ・嘔吐・瞼の痙攣・粘膜や皮膚の痛みなどの効果を引き起こす化学兵器で、催涙ガスとも呼ばれています。
催涙剤は非致死性で影響を受けても洗浄や中和剤の使用により後遺症を残すことが殆ど無いため、暴動や大規模デモの鎮圧に利用されることがあります。
また、防犯用や護身用に催涙スプレーとしても販売されています。
主な催涙剤には以下の種類が有ります。
  • ロモベンジルシアニド
  • クロロアセトフェノン(CNガス)
  • クロロベンジリデンマロノニトリル(CSガス)
  • ジベンゾ-1,4-オキサゼピン(CRガス)
  • トウガラシスプレー(オレオレジン・カプシカム)





無気力剤 無気力剤は無力化ガスとも呼ばれており、「無力化ガスは一時的に生理的または精神的な影響、あるいは両者を発生させ、彼らが目的を持った組織的な行動をできなくする。」 とアメリカ国防総省で定義されています。
主な無気力剤には以下があります。
  • KOLOKOL-1
  • 3-キヌクリジニルベンジラート(BZガス)
その他
傷痍剤 傷痍剤とは建物や設備や装備などの可燃物を炎上させる目的の化学兵器です。
傷痍剤には、傷痍剤そのものが強い可燃性の物と、目標物と化学反応を起して発火させる2種類があります。

また、傷痍剤を含んだ爆弾や砲弾を「焼夷弾」と呼んでいます。
主な傷痍剤には以下があります。
  • テルミット焼夷剤(金属アルミニウムで金属酸化物を還元することで発火させるテルミット反応をを用いたもの)
  • 油脂焼夷剤
  • 黄燐焼夷剤
  • 三フッ化塩素(対象物を腐食させることで発火を行う)
対物剤 対物剤とは建物や設備や機械などの物の破壊や使用不可を目的とした化学兵器です。
  • パイロフォリック(アセチレンガスにより内燃機関の使用不可を目的とする兵器)
  • 機動阻止システム(MOBILITY DENIAL SYSTEM:滑る液体などにより人間や自動車などが滑って戦闘能力を無力化する兵器)
 

 







ツイッターで更新情報や、ピックアップコンテンツを紹介しています。

    




 
 
▲先頭へ▲
トップ >> 化学・自然・技術 >>化学兵器の種類の一覧